ダイエット食品風景

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 高齢者の筋肉収縮とカルシウムの働きについて

高齢者の筋肉収縮とカルシウムの働きについて

カルシウムは骨や歯を形成するほか、心臓や全ての筋肉が正しく収縮するのを維持する働きをしています。

 

 

 

また血管の壁を強くしたり、血圧を調整して下げたり、酵素を活発にするのにも重要です。

 

 

 

体中のいろいろな場所で必須なので、血中にはいつもほとんど一定量のカルシウム量が定められています。欠乏すると骨から溶け出して補います。

 

 

 

世代の若い人に多い慢性的な野菜不足であるといわれ、その為、体が必要とするビタミンやミネラルなどが不足してビタミン欠乏によるなんらかの症状があるという人が増加しています。

 

栄養補助食品やサプリメントが数多く利用されるのに、こうした背景が要因として影響している言えます。

 

しかしながら、健康な生活をおくるには食生活を見直すもっとも大切なことだと言えます。

 

カリウムには体内にある余分な水分を排出する特性があります。ナトリウムが水分を増加させるのに対して、違う働きをするのがカリウムです。

塩気や水気の摂り過ぎでむくみの症状が出ている時は、カリウムの摂取で改善する可能性があります。

近頃の食生活では、塩分過多になる傾向があるので、気を付けてカリウムを摂る必要があります。健康食品には病院での処方薬と一緒に飲むと薬の効きが悪くなるものがあるので、薬を使用している時は事前に担当の医師に確認をとることが必要です。

中でもカルシウムと強心薬、マグネシウムと骨粗鬆症の薬など、この組み合わせは一緒に飲む事の無い様に十分気を付けて下さい。

毎日簡単に豊富な食物繊維が摂取できる健康食品に、フルーツグラノーラという商品があります。オーツ麦などの穀物をつぶしてハチミツなどを混ぜたシリアル食品で、ドライフルーツを加えたものです。オーツ麦を含むシリアルやドライフルーツにはどちらも豊富な食物繊維と体に必要な栄養素もたっぷりと含まれています。

その二つの効果が、大腸の働きが活性化させる助けとなります。

 

お茶やコーヒーの持つ独特な渋みや苦みは、ポリフェノール作用の1つです。

緑茶に多く含まれるカテキンは、ガンの抑制や抗アレルギーに役立つとされます。コーヒーに含まれる苦み成分のクロロゲン酸は胃の粘膜を刺激し胃酸の分泌を促したり、肝硬変にも役立つとされています。

 

ココアの含有するポリフェノールには、ストレス解消効果や虫歯予防・ピロリ菌の抑制効果も期待されます。

 

 

 

摂取する時の注意点としては、嗜好品であるコーヒーやお茶でサプリを飲むのはやめましょう。

カフェインやタンニンという含有物質が栄養素とくっついて、吸収を困難にしてしまいます。

 

 

また甘いジュースでのむこともサプリメントの効力を減らすことがあります。

 

結局、水で飲むのが一番いいと言えるでしょう。ビタミンAは皮膚細胞の作り替えを活性化させたり、目の中で光の感覚がわかる物質ロドプシンとなり、皮膚や目が正常に機能するように必須の栄養素です。

 

 

 

そして鼻や喉などの粘膜も形成しウイルスを未然に防ぐこともできます。動物に多く含まれるレチノールと時と場合によって体内でビタミンAに化すベータカロチンとがあります。高齢者 便秘 下剤